2011年04月28日

[考察]ソケット製作&嵌め込み&設定

パックとパックが出会ったので記念撮影。
20110428001.jpg


パシャパシャッ



26日にとうとう実装されたHvsTアプデ…
職はまだよくわからない(特産品のドロップ率が半端なく悪いことはわかった)のでソケット練金についてもごもご。

作る:
レシピにある「○Rank」はそのまま「○級」に読み替えてください。
中級は7〜9Rank、つまり7〜9級の元素(種類問わず)が必要になります。

20110428002.jpg


地水火風の指定はないので、余ってる元素を消費できますね。
指定はないとはいえ、7級地元素10個+7級水元素20個で7級30個、というふうな使い方はできません。
要求数量以上確保している元素を放り込んでください。
職人の魔法石は雑貨屋でかえます。


装備に嵌める:
まず、ソケットストーンを埋め込む穴を開けます。

20110428003.jpg


雑貨屋でコレを、開けたい穴の数買います。



20110428004.jpg


ソケット付与魔法石をインベントリに保持した状態で、錬金術→左っかわにあるソケット練金をクリック。



20110428005.jpg


装備をのせ、下の「ソケット作成」ボタンをクリッコ。
そうするとカーソルがドリル?みたいなものに変わるので、真ん中の3つある四角い枠をクリックすると穴が開きます。



20110428006.jpg


穴が開いたら、はめ込みたいソケットストーンを放り込みます。



20110428007.jpg


確認窓がでてくるので、よければ「はい」をクリッコ。



20110428008.jpg


しゅわわーんと



20110428009.jpg


装着完了。
ソケットストーンの装着は失敗しないようです。タブン。
ソケットストーンのスキルレベルがいくつかありますが(はめ込んでいないソケットストーンにマウスオーバーすると確認可能)、これは自動で決まります。
L1じゃやだ、L3がいい!という方はモールの「除去のロンド」で取り外し→再度嵌め込み、でレベルの調整は可能ですが多分除去したソケットストーンは消えるんじゃないかと…そのあたりは試してないのでなんともです。



ソケットストーンスキルの使用方法:
ソケットストーンがはめ込まれたアイテムを装備した状態で右クリックすると

20110428010.jpg


はめ込んだソケットストーンが確認できます。



20110428011.jpg


ソケットストーンにはアクティブ・パッシブの2種類があり、アクティブのソケットストーンは各自のタイミングで使用することができます。
パッシブははめ込んだ後装備さえしていれば効果を発揮します。


アクティブのソケットストーンを使うには、
20110428012.jpg


ソケットストーンの嵌ったアイテムを装備→アイテムを右クリックで石のアイコンを表示させます。
その後、ショートカットに登録したいアイコンをスキルをショートカットに登録するように入れればOK。
あとは普通のスキルと同様にショートカットを押すことで使用できます。


ショートカットに登録すると、アイテムを持ち替えてもショートカットに登録されたアイコンは削除されません。
そしてアイテムAとアイテムBにはめ込んだソケットストーンが同じ種類、同じレベルであればどちらかのソケットストーンをショートカットに登録しておくだけでどちらのアイテムを装備していてもショートカットが反応します。


たとえばワンドとロッドにそれぞれ回復ソケットL2が嵌っている場合。
ワンドの回復ソケットL2をショートカット登録しておけば、ロッドに持ち替えても同じショートカットを押すことでソケットストーンが反応します。
=ソケットストーンのレベルを揃えておけば、登録するショートカットは一つで済むようです。
ただし、同種類のソケットストーンではクールタイムが共用なので、たとえソケットストーンのレベルが違っても武器Aで回復ソケットL1使用→即武器Bに持ち替えて回復ソケットL2使用、という荒業はできません。




文章だとよくわからないと思うので、手引き程度に眺めていただければ…。
自分で試してみないと多分ややこしいです。

そんなかんじで。謎


posted by 藍翠 at 17:16| Comment(0) | SiLKROAD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。